介護福祉士登録事項等現況調査

毎日、猛暑が続きますね。
今日、岐阜はようやく雨が降りました。

石川県では大雨だったようで、被害にあわれた方は大変だったと思います。

さて、つい最近
介護福祉士登録事項等現況調査」 なるものが届きました。

重要な調査だとのことで、おいおい記入して返信しなくてはいけませんが・・・

やはり、介護に携わる3福祉士・社会福祉士 
・介護福祉士
・精神保健福祉士

の現状を知ることで、離職率の高い福祉の人材確保に役立てようとしているようです。

最近は、数年前の不況の時期よりは景気回復により、他業種の採用が増加している中で福祉・介護の分野からの人材の流出が止まらない状態です。

そのために、現状を把握して、賃金アップ?してくれるのでしょうか?

そのためには介護報酬を上げなくては、私たち介護福祉士の報酬も上がりません。

ぜひとも、厚生労働省はこの調査だけでなく、今後も実態調査を行いながら、人材確保の必要性と介護報酬の引き上げを実現してほしいものです。

そろそろ試験勉強してますか? 介護福祉士試験にむけて

介護福祉士の1次試験の申し込みがあと1週間で終了します。

今年度の筆記試験は来年の1月27日だそうですが、私が勤める特養でも何人か受験しようとしている若い介護士達がいます。

毎年、何人か受験してまあまあの合格率を保っていますが、今年はどうなるかな・・・?

介護福祉士は合格率から言って比較的簡単な資格です。

ただ、筆記試験をクリアした後に、実技試験があり、ちょっと緊張します。

まあ、よっぽどのことがない限りは不合格にはならないみたいですが。

これから受験する人はそろそろ参考書や問題集を揃え始めてもいいころですね。

介護福祉士高齢者介護のイメージが強いですが、知的障害者や、身体障害者、関係児童施設などなどニーズは幅広いと思います。

今後は今後は福祉の仕事において必須資格ともいえるようになる・・もうなっているのかな? 

取れる人は頑張って取得しちゃってください。


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

新米介護士の育成〜新人教育 その3〜

今日は、新人介護士の教育話の3回目です。

以前から、いろいろと書いていますが、新人さんが配属されてちょうど10日たちました。

その間の彼を見ていて思ったのですが、とても心配です。

ナースコールが鳴ると
「ピーンポーン・・・はーい。」
と、1人でリピートしています。かといって、呼ばれた場所にいくわけでもありません。
実際の介護でも、何が危険でどうすればいいのか?などということを考えることができていないように見えます。

何ヶ月か前に
「僕の歩く道」だったかな?
草薙 剛主演の自閉症の青年のドラマがテレビでやっていましたが、その中での草薙君に似ているところがいくつかあるのです。

もしや??彼は自閉症なのかな??
と、周りの職員も感じています。

しかし、障害者雇用枠で入社しているわけではありません。
ある職員の親戚らしいのですが、、、

もしこの記事を見ている障害者関係のお仕事をしている方みえましたら、自閉症気味の彼に上手に仕事を覚えてもらうにはどうしたら良いか?是非ともコメントください!!
困っています。

新米介護士の育成〜新人教育 その2〜

昨日、新人研修を終えて現場に配属になった今年の新米介護士が、私のいるユニットに来ました。

彼は20歳の若者で、とても緊張していました。
介護の仕事とは全く関係のない専門学校に通っていたそうです。なぜ介護職に就くことになったかは聞いていませんが・・・

始めは、ホール対応(利用者の見守りや、トイレ介助など)をしてもらいました。
まだまだ、初日なので何も出来ないで当たり前ですが、声が小さかったですね。

高齢者相手なので、耳の悪い人が多いので、ある程度大きな声で話さなくてはいけません。
かといって、いきなり大声を出すと驚かれる高齢者もいます。なので、話をする人の視界に入ってから、声を掛けるか、軽く肩などをたたいてから話始めるといいと思います。

新米介護士の育成〜新人教育 その1〜

新しい職員が入社して数日、介護職の経験のない人たちはまだ研修を受けています。

彼らが現場に配属されるのは5日からです。

私たちの特別養護老人ホームでは毎年新人が入社しても、特に誰かが新人の教育係りとしてつくことはありませんでした。

その日その日の職員が順番に業務を教えていく。

という、やり方でした。

しかし、今年は1年間その新人に教育担当の職員をつけることにしました。入社4年目で次の介護福祉士試験を目指している職員を教育係りとしました。
初めての試みですが、どうなるかはやってみないとわかりません。

ただ、今までのように教える職員が違うと、その内容まで違ってくるので新人は戸惑うことも多かったと思います。

ですから、担当を1人に固定して、一貫性のある指導を行うことで新しく介護に携わる職員も戸惑うことが少なくなるのではないかと思います。

私はユニットリーダーとして、彼らが成長するのを見守りながら、教育担当職員のフォローができたら良いと考えています。

長くなりそうなので、また次回書きます。

新入社員研修の講習をしてきました。

今日は私が勤める老人ホームに入社する新人介護士さんたちの研修のお手伝いをしてきました。

新人介護士さん達は今は現場には出ずに講義や講習を受けています。
そこで、今日は私がその講習の1つを受け持つことになりました。

車椅子の取り扱いについて」という内容でした。

車椅子の各部の名称や役割。利用する際の注意事項などを簡単に話しました。

その後は実際に車椅子をつかって介助の方法や、移動の方法・注意点などを体験してもらいました。

新入社員の中には介護福祉士を取得して来ている人や、高校の福祉科で学んできている人もいて、よく出来ていました。

しかし、実際の介護の現場ではこのような講習などでの知識は役に立たないこともあります。

ですから、新米介護士の彼らにはこれからどんどん現場でいろいろ体験してもらって様々な状況に対応できるような介護士になってもらいたいものです。

ゆくゆくは介護福祉士社会福祉士介護支援専門員などの資格を取って、活躍してくれるといいと思います。

そのほうが、私達の負担も軽くなるからね(^ ^)

介護福祉士になる条件のひとつ 実務経験。

私の勤める老人ホーム介護福祉士を目指している女の子がいます。

このあいだその子と話していたのは介護福祉士試験の受験資格のことでした。
受験資格にはいろいろあります。
専門学校や、高校である一定の授業を履修しているひと。

福祉に携わる仕事をしている人(実務経験)
ちなみに、実務経験はその仕事についている期間が1095日以上。
実際に業務に付いた日数が540日以上です。

その女の子は2005年4月に入社しているので、2007年4月で3年たちます。

しかし、実務経験の期間は筆記試験前日までの日数なので、その女の子が介護福祉士国家試験を受けることが出来るのは2008年になってから。となると思います。

それまでに、この仕事を辞めていないか本人も心配していました。

でも、最近、この受験資格の要件が変更するらしいと言うことを小耳に挟みました。

変更して、その女の子も試験を受けることが出来るといいですが。

介護福祉士の実技試験。明日だったよな・・・

明日は、確か介護福祉士実技試験の日だったような気がします。

私が住む岐阜県だけなのかな?たぶん全国一緒なんだと思いますが、昨年から実技免除できる講習が始まって、従来の試験方法で受験する人が減ったんじゃないかと思いますが、明日受験する人は頑張ってください。

私が、介護福祉士を受験したときの実技試験の要介護者役の人は、とてもやりづらい人でした。

まあ、何もしてくれないモデルか、以外に簡単に立ったり歩いたりしてくれちゃうモデルかどうかも、運の内って感じですかね(^^;

まあ、よっぽど実技試験で不合格になる人はいないと思うので普段どうりよりも、丁寧にやればいけると思いますよー

介護福祉士実技試験の練習をしました。 介護福祉士合格に向けて!

今仕事から帰ってきました。

今日は、同じ老人ホームで働く職員が、後数日と迫っている介護福祉士実技試験を受けるということで、実技試験の練習を他の職員も交えてしてきました。

一応、介護福祉士の先輩として自分が実技試験の練習のときに言われたことや、注意したことなどを出来るかぎり教えてきました。

介護福祉士実技試験

ある要介護者の老人の介助の一部を実演して見せるのですが、
その内容はさまざまで、要介護者の状態や、その要介護者がこれから何をするのか、何をしたいのか? その人がいる状況、環境など様々なパターンで出題されます。

私が試験を受けたときも、予想していなかったパターンが出題されました。

そのときは、デイサービスに行くために床に座っている、左上下肢麻痺の人を立ち上がらせて、四点杖を使用し、少し離れた玄関まで杖で歩行し、途中段差を乗り越え、玄関にある椅子に腰掛け、2種類の上着のどちらかを着せる。なお、その人はうなずくか「はい」としか返事をしない。(2005年介護福祉士実技試験問題より)

と言う問題でした。これを5分間でやります。

試験場の部屋の中には試験官が2人いて、要介護者役は、どこかの学生らしき若い女性でした。

まあ、無事合格しましたが、実際の介護の現場では考えられないくらい丁寧な対応でやった覚えがあります。
教科書どうりと言った感じでしょうか。実技試験の練習をしながら

「こんなふうに介護することなんてめったにないのに・・」

と思っていました。

しかし、このときの勉強はその後の自分の基本になっています。
ですから、今年、これから介護福祉士を受ける方々はよく勉強しておくと必ず自分の為になると思います。

ということで、介護福祉士合格目指して頑張ってください!


資格手当てってどれくらい?   介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員

今日は仕事は休みです。

ふと、考えていたのは、介護職についている人の資格手当てってどれくらいなのだろうか?
という、疑問です。
私の勤める老人ホームでは介護福祉士が5千円、社会福祉士は1万円?
ケアマネは???など、情報として開かれていないのでわかりません。

介護の仕事はいわゆる3Kに当たるような仕事です。
「きつい」・・・肉体労働&精神的疲労もかなりあります。
「汚い」・・・排泄のお世話をします。
「危険」・・・多くの感染症や、病気に感染する危険がたかい。

その割に給料が安いのは以前にも書きました。
もっと、介護の現場をみて介護職員の、公益法人で働く介護職員の給料を上げて欲しい。

これを読んで見える介護職の方、どうぞコメントください。

老人ホームでの介護福祉士の割合って、どれくらい・・・?

今日は、介護福祉士がうちの老人ホームにどれくらいいるのか考えてみました。

私の働く老人ホーム介護職だけで、約30人ほどです。

この人数で約80人の要介護者を看るわけですが、そのなかで現在は3分の1程の人数が介護福祉士ですね。

これ割合が多いのかどうかは分かりません。
ほかの介護施設での状況を知らないので・・・

もし、この記事を見ているほかの施設の方などがいましたらよければコメントまたは、トラバにてご意見などを聞かせてください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。