社会福祉士の仕事。ある老人ホームでの一例 生活相談員です。

「社会福祉士」

国家資格の一つですが、名前だけ聞いてもどんなことをやるかパット浮かんできません。

反対に「介護福祉士」と聞くと、
介護の専門家で現場で活躍している」って感じではないでしょうか?

そこで、今日は「社会福祉士」が私の施設でどんなことをしているのか、1つの実例として、簡単にお話します。

「生活相談員」 という役職があります。
施設によっては、支援相談員といったり他の呼び名もありますが、
私の働く老人ホームでは生活相談員といっています。

その仕事は、
・ショートステイの受け入れや、居室の調整
・老人ホーム入居者とその家族とのパイプ役
・入居者のケアプランなど家族への連絡、調整


かなり大まかですが、こんな感じですね。うちの生活相談員は。

ショートステイ利用の方の契約締結や、利用時の送迎業務、入居者の依頼で買い物をしたり、とその施設と外の世界の利用者や、家族等をつないでくれる仕事ですね。

まあ、これは私の施設での話なので、普通に事務職をやっている方も、現場で介護職をしている方もいるでしょう。

社会福祉士ってどんな仕事をするのでしょうか?

社会福祉士とはどんな仕事をするのでしょうか?

介護福祉士は介護のプロ

介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護保険と利用者を結びつけるパイプ・調整役

では、社会福祉士は・・・

実際の現場での仕事を例に挙げて話してみましょう。
私の老人ホームにも「社会福祉士」の資格を持っている職員は何人もいます。
彼らがどんな仕事をしているかというと、施設の中では「相談員」と呼ばれる仕事をしています。

利用者の方の家族との連絡を取り合ったり、入居者が何か欲しい者を購入したいと要望があったときに、その希望を家族に伝え、本人との調整を図るような仕事をしています。

また、ショートステイの受付窓口として入所や、退所の送迎や、その利用者に対する、情報収集、現場への情報伝達などをしています。

現場に入って、実際に介護をしている社会福祉士は少ないのが現状です。
社会福祉士」とは、要介護者(とくに介護保険によるサービスを利用している人)と社会とをつなぐパイプ役のようなものです。

特に、老人ホームや、老人保健施設などに入居してしまうと、外の世界と距離が出来てしまいます。その距離を埋めるのが「社会福祉士」だということですね。
 
まあ、個人的解釈ですが・・・(^ ^;
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。