歯科医師による居宅療養管理指導


嚥下内視鏡.jpg




strong>居宅療養管理指導

居宅療養管理指導とは、医療機関などから医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士が要介護者または要支援者の居宅を訪れ、療養上の指導やアドバイスを行うサービスのことです。

先日、歯科医師が行う居宅療養管理指導についての講演を聞きました。

そのなかで、おもしろかったのは嚥下の様子を見ることができる内視鏡があるという話でした。

続きを読む

応募者減少!ケアマネ資格人気に陰り?

今月19日に実施された第11回介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)の申込者数は去年より6217人減り、14万3229人となった。

2002年以降増加傾向にあったが7年ぶりに減少し、1998年の試験開始から11年目を迎え「一通り施設・事業所に行き渡ったのでは」「仕事がきつく人気が落ちている」との行政担当者の声もある。介護職離れが問題になるなか、キャリアアップや待遇改善につながるケアマネ資格の取得を目指す人数にも陰りが出ていることは注目される。

 聞き取り調査は某紙が毎年行っているもので、14日までに全都道府県から回答を得た。それによると今月19日に行われる第11回試験の申込者数は14万3229人。前回の14万9446人から6千人余り減少した。

 伸び率はマイナス4・2%。なんとかプラスを維持していた昨年の1・4%から、ついにマイナスに転じた。

 都道府県別に見ると、昨年より申込者数が増えたのは8・4%増の沖縄、8・3%増の新潟などわずか10県にとどまり、約8割にあたる37都道府県で軒並み減少している。ケアマネージャーTLTソフト、知識ゼロから合格へ!!ニュートンTLTソフト(NewtonTLT)ケアマネージャー2008年度版(医療,福祉関係者)[合格保証付]

介護支援専門員証が届きました。

以前からなんども介護支援専門員の研修について書いてきましたが、数日前ようやく介護支援専門員証が届きました。

これがなければケアマネージャーとしての業務が出来ない大切なものです。

証明写真の自分の顔が気に入りませんが・・・(^ ^;

ただ、思っていたような感じではなく以外に
 
「安っぽいな」

と思ってしまいました。

この証明書は5年間の有効期限があります。5年経過したら更新研修というのを受講しなくてはいけません。

ケアマネージャーは仕事も大変ですが、資質向上のための研修がかなりたくさんあるようです。



おわった!!ようやく!! 介護支援専門員実務研修、終了で〜す!!

今日、とうとう介護支援専門員資格取得のための実務研修が修了しました!!

トータルで44時間の長い長い研修が終わりました。

長かったです。

でも、一緒に勉強をした私のグループはいい人ばかりで、とても過ごしやすかったです。

さすがみんな介護や、医療等の現場で5年以上の経験を積んできている人の集まりだなあと感じました。

とまあ、これで晴れて「私は介護支援専門員です!」と言えます。
仕事はまだしていないけど・・・

岐阜県ではまだ、研修を終えていない人がいますが、とりあえず自分にお疲れさんって感じです。

これで、自分のステップアップにもつながる資格を取得できました。

今日まで講義をしてくれた先輩ケアマネージャーさんや、一緒に勉強した同期の新米ケアマネージャーのみんなに感謝です。

介護支援専門員実務研修の2日目が終わりました.

今日、介護支援専門員実務研修の2日目が終わりました.

今日は、介護予防についてや、地域包括支援センターとかの講習や、介護予防ケアプランの事例検討や、グループワークなどしました。

今日は、朝9時半〜夜7時まで、とかなりの長時間で疲れました.

明日で終わります.ようやく長かった研修が終わろうとしてます。

あと1日がんばろう!

明日、いよいよ最後の3日間です。 介護支援専門員実務研修 後期日程

介護支援専門員実務研修の後期日程が明日から3日間あります。

明日からの研修のためにケアプランを作成したり福祉関係の社会資源の調査をしたりしました.

3日間ぶっ通しでがんばります。

この研修が終わればようやくケアマネージャーとして登録できます.
 
ケアマネとったら転職でもしようかな〜
いつまでも現場で介護できないし。。。でもケアマネって見てるとすごく大変そうだけどね・・・

ケアプラン作るのしんどいです・・

今日は、夜勤明けでかなり疲れていたので死んだように寝ました。

で、いまは、介護支援専門員実務研修の宿題である、ケアプラン作成の為に脳みそフル回転させていました。ちょっと休憩がてらブログ執筆中。

老人ホームで入所者のケアプランは良く作っていますが、在宅介護支援のケアプランは経験が少ないので、記入の仕方や、いろいろで苦労してます。

はあ・・・あと半分くらいあります。。。
夜勤明けなのに明日も日勤です。かわいそうな俺。。。
介護の仕事ってしんどいですよ。

介護支援専門員資格取得のための訪問調査実習に行って来ました!

訪問調査に行って来ました!!
この実習を終わらせないと介護支援専門員として認められません。

昨日の夜から緊張して、仕事が手に付かない感じで不安でいっぱいな夜でした。

今朝の10時に訪問予約をしていたので、10時少し前に電話で確認を取ってから家に伺いました。

5〜6年くらい前からデイサービスを利用されていた方で、その人の家族ともいろいろ話したりしていたので、話の流れとしてはスムーズに出来たと思います。

話の内容は、現在の状況や、既往歴、生活歴、家族構成などの基本的なことから始まり、ADLや、IADL、食事のことや、排泄関係、認知症に関して、などなど聞き取り調査する項目は多岐にわたります。

約1時間、話を聞いてお礼を言って帰ってきました。

後は、聞いたことをまとめて、次回の研修に備えなければいけません。
介護福祉士のときは、筆記試験と実技試験で結構簡単だったのに介護支援専門員を取得するのは大変です。

あと少し。俺頑張れ!

いよいよ明日は訪問調査です。 介護支援専門員の資格を取るのために頑張ります。

明日は介護支援専門員の実務研修の中で出される宿題の1つである「訪問調査」の日です。

以前から、知っている利用者さんを選定してお願いしました。

緊張するし、必要なことを1時間程度でうまく聞きだせるかとか、心配だらけです。

わたしの同僚の一人で、同じく介護支援専門員試験に合格して研修を受けている奴がいますが、そいつは既に後期の研修も終了しました。

明日は、うまく出来ますように・・・

介護支援専門員:ケアプランを立てる実習

以前から、このブログでも書いていた、介護支援専門員の資格取得のためのケアプランを実際の要介護者をモデルに立てるという、実習があります。

その、モデルとなる要介護者は自分で選定するのですが、早速決定できました。

以前、私がデイサービスに勤めていたころにお世話になった方にお願いしたら、快く引き受けてくれました。

普段から施設内の仕事が99%の私にとって、利用者さんの自宅に訪問し、そこで、聞き取り調査をするというのは、結構ハードルが高いです。

ケアマネージャーは医師や、介護福祉士や、社会福祉士理学療法士作業療法士看護士保健士、歯科医師など、医療、福祉系の国家資格を持っている人が受験でき様々の分野の人たちがいますが、現場で仕事をしている人にとっては、このケアプラン作成の宿題は大変だと思います。

私もその一人なので、自宅に訪問するまでに、書類や、聞き取りのポイントなどを確認しておかないといけない・・・

忙しいです・・まったく・・・

ジェノグラム・・・家族図  新しい福祉の知識

ジェノグラム」 

ってご存知ですか??

先日の介護支援専門員実務研修の講義の中で「ジェノグラム」という言葉が出てきました。

「ジェノグラム」=「家族図」といった感じでしょう。

WFmO.bmp 
見づらいかもしれませんがこの図のような感じです。

◎が要介護者本人
四角が男  ○が女  点線で囲われているのが同居家族

ということです。
これは、要介護者の家族状況などを簡単に図式化して、介護支援の際の参考にするものです。

この図自体は見たことがありました。  
しかし、ジェノグラムという言葉は初耳でしたので新しい知識を手に入れることが出来ました。

介護支援専門員実務研修前期日程が終了しました。 ケアマネージャーって大変です・・・

お久しぶりです。
2月8日、9日と介護支援専門員実務研修 前期がありました。

講義を交えながら、2日間を通してある事例について、数人のグループを作り話し合いをしながらケアプランを作成していく過程を勉強しました。

介護認定を受ける前の段階から、実際のニーズや、目標を導き出す作業は予想以上に難しいことで頭が沸騰してしまいそうでした。

さらに次回3月にも後期研修があるのですが、それまでに自分で選んだ高齢者のケアプランを作成してこなければいけないのです。

これが難問です。

実際に高齢者の方の自宅に訪問し、本人と家族に聞き取り調査をしなければいけません・・・

不安です・・・

介護支援専門員実務研修 前期がいよいよ始まります。

そういえば、明後日より介護支援専門員実務研修前期日程が始まります。

前回の研修では、ひたすら講義を聴くだけの眠たい内容でしたが、既に研修を受けてきた人に話を聞くと、寝ている時間はないそうです。

いろいろな事例についていろいろな書類の記入方法や、対応法などをグループワークで取り組むそうです。

いままで、介護現場でしか過ごしていないので、他の人たちと混じりながらディスカッションみたいなことをやるのはかなり不安です・・

でも、自分のキャリアアップの為に頑張ります。ほどほどに。

介護支援専門員実務研修が始まりました。 集中講義第1日 

今日、介護支援専門員実務研修が始まりました。

私の住む岐阜県では岐阜市の長良川国際会議場にて集中講義がありました。

今日は一日講義を聴くだけとゆう、睡魔との闘いの1日でした。
話の内容は、介護保険の基本的な話や、ケアプラン作成の大まかな流れ。
アセスメントの際の調査項目についてなど、基本的知識の復習といった感じでした。
試験終了から、だいぶ時間が経過してしまっているので、ほとんど知識が抜けてしまった私にはちょうど良い感じのおさらいでした。

次回は、実際にケアプランを作成していく演習をしていくようですが、介護職しかやったことのない私には、ケアプランを作るために、高齢者や、その家族と面談しなければいけないというのは、かなり不安です。

ちなみに、今年度の介護支援専門員の筆記試験の合格率は20.5%だったそうです。過去最低の合格率だったそうで、ちょっと嬉しくなる情報でした。

介護支援専門員の実務研修が始まります。

介護支援専門員の実務研修が来月1日から始まります。

研修は計6日間。

場所はいろいろです。先輩方の話によると、自分の身近なもしくわ、知り合いを一人ピックアップしてその人のケアプランを作成したりするらしいです。

おそらく、ほんとに勝手な想像ですが、要介護申請あたりもやるのではないでしょうか?

そうすると、ひとつ前に書いた記事に絡んできますね。

また、研修を受けたら、その中で使えそうな情報は皆さんにお知らせしていきたいと思います。

「資格取得」ケアマネ講習の案内がまだ来ない・・・

このブログでも以前書いたけど、ケアマネの筆記試験に合格した私ですが、合格後の講習の案内がいまだに届きません・・・ちょっと心配になります。

ケアマネの資格はまず筆記試験に合格し、県が主催する実務研修を6日間受けるとケアマネとしての資格を取得できるのですが、その肝心の実務講習の案内が、12月中旬に郵送される予定だったのですが、すでに25日。
ほんとにくるのだろうか・・・


介護支援専門員(ケアマネージャー)と、介護現場・・・

今、私が勤務するユニットにショートステイで来ている老人がいます。
この方はタバコが大好きで、事あるごとにタバコを吸いたいと訴えられます。

しかし、年寄りがいるお部屋では安全面から喫煙は遠慮してもらっているので
特養玄関の喫煙スペースまで行って、喫煙をしてもらっています。

その老人の担当介護支援専門員が同じ施設の在宅介護支援センターにいるのですがそのケアマネージャー
「この人は車椅子に乗せないで、リハビリのためにもっと歩行器を使って歩いてもらって!!」
と、よく怒鳴ってきます。

しかし、こちらは、二十数名の老人を1〜2人介護職員で対応していることが多々ある状態です。
そんななか、タバコのために10分も20分もそこから離れるわけに行かないのです。

しかし、現場のそのような人不足は関係なくケアマネは利用者を送り込んできます。

今のままでは、受け入れる窓口は広いが、実際の受け皿は小さく、いつかパンクしてしまうでしょう。
それは、ワーカー(介護職員)の体力的・精神的疲労が限界にくるということです。


介護保険法改正は、良いことなのかもしれませんが、介護をしている人間をケアしたり、ケアする体制を整えないと、介護保険もいつまでも続かないような気がします。

今でさえ、赤字なのに・・・

2006年介護支援専門員(ケアマネ)の筆記試験

10月22日に行われた、介護支援専門員実務研修試験 ・・だったかな?
ケアマネ試験合格しました。
 
私の勉強法を紹介します。

数年前に介護福祉士の資格を取得し現場で約5年になります。
そんな私が「難関」といわれるケアマネ試験に合格した勉強法は
@まずひたすら参考書をよみまくる。
A分野ごとに読んだら、一問一答問を解く。
B同じ参考書2回は繰り返す。
C過去問題集2回は繰り返す。
D予想問題集2回繰り返す。
といった感じです。

こうすることで少しずつですが知識が頭に入っていきます。
そして、過去問題集予想問題集を繰り返すことで点数も上がり2回目の時には合格ラインの点数を取れるようになります。
そして自信がつきます。
その結果、合格にいたるわけです。

私は約3ヶ月の勉強で上記の内容をこなしました。人により出来るかた、出来ないかたいると思いますが、来年受験される方は早めの準備と最後までやりぬく覚悟を用意してください。そうすれば合格できる試験だと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。