介護保険とは別の住宅改善のための補助金があります。





 


 


 


 


自宅で生活する要介護者にとっては、一般的な日本家屋の段差やスペースのない廊下やトイレ、浴室はとても生活しにくいと思います。


介護保険では、手すりの取り付けや、段差の解消、和式便器⇒洋式便器の取り換え等対象となる工事に関して介護保険が適用されます(20万円まで)。


 


しかし、20万円だけでは大掛かりな工事はできません。


そこで、各自治体が行っている住宅改善費補助があります。


金額は各自治体によって結構違いがあります。


 


例えば・・・


 

続きを読む

介護保険と医療費控除

医療費控除








先日、ある利用者さんの家族からこんな電話がかかってきました。

「ショートステイを使っているけど、その費用は医療費控除に使えるの?」

という質問でした。

そろそろ確定申告の準備をする時期なんですね。



介護保険のサービスを利用しているとなにかと費用がかかります。

1割負担とは云うものの、食事代や部屋代(滞在費等といわれるもの)が結構かかるのです。

そこで、私がよく参考にしていたサイトを紹介します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www1.pref.tokushima.jp/hoken/kaigo/kaigo/seido/i_koujo.htm



徳島県の介護保険のページなのですが、この表をコピーして職場に貼って、医療控除の質問の時に参考にしていました。

で、今回の質問をこの表を参考に考えると・・・続きを読む

ベットのレンタルはできる?できない?

どんなイメージですか?


 



 


 


介護ベット



パ〜○〜マ〜ウン〜トォ〜♪


なんてメロディーを耳にした記憶があると思います。


 


介護保険福祉用具のレンタルができるのですが、いくつかの福祉用具は


レンタルできる人と、できない人がいます。


 


その中にベット(特殊寝台)が含まれています。


どんな人がレンタルできて、どんな人ができないのか??


 


 

続きを読む

あてにならない情報公表

jouhoukouhyou.jpg




情報公表・・・

介護施設で働く人なら、とくに事務所関係で働く人にとっては
あまり歓迎できないワードですね。

インターネットで全国の介護施設の情報が見ることができるのです。

しかし、この情報はかなりあてになりません。

以前、私が働いていた介護施設の情報を見てみたのですが、人員配置のあたりはずいぶんいい加減な数字が入っていました。

実際に、この情報公表のデータを参考にしている人はいるのでしょうか?

それこそ、沈みかけの民主党に事業仕訳でもしてもらって、廃止にしてしまってもいいのではないでしょうか?

介護職員の待遇改善、給与情報の自主公表で確認 介護報酬改定の基本方針原案

n180105h.jpg

















平成21年度の介護報酬改定について、厚生労働省は3日、介護職員の待遇改善策を柱とする基本方針の原案を、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の介護給付費分科会に提示した。有資格者や常勤者などを多数雇用している事業者への報酬を手厚くする一方、報酬アップが職員の待遇改善に反映されているか、給与情報を事業者に自主公表させる。同分科会は12日の次回会合で基本方針を取りまとめ、来年4月からの新しいサービス単価を年内にも厚労相に答申する方針だ。



次期介護報酬改定は、政府・与党の追加経済対策の中で3%アップがすでに決定。この3%分(年2300億円)を介護職員の待遇改善につなげるため、基本方針の原案では、(1)夜勤など負担の大きい業務に対し必要な職員数を確保した事業者を介護報酬で評価(2)専門職員や経験のある職員を多数雇用する事業者を介護報酬で評価(3)賃金の地域差是正のため地域別単価の見直し−を重点的に実施する方針を確認した。



 具体的には、



▽介護福祉士を一定割合雇用する事業者▽長期勤続者が一定以上いる通所・施設サービス事業者▽技術向上のため多数のヘルパーに研修を受講させている訪問サービス事業者−などに対し、介護報酬を手厚く支払うことを検討中だ。事業者が報酬の上乗せ分を実際に職員の待遇改善に回しているかをチェックするため、事業者に給与や福利厚生の情報を自主公表させる。国や事業者団体が自主公表のためのガイドラインを作成することも想定している。



 このほか、基本方針の原案は重点項目として、(1)医療・介護の連携強化(2)認知症対策の推進(3)訪問介護のサービス担当責任者に非常勤ヘルパーの登用などの運営効率化−も盛り込んだ。



(産経ニュース)

こんなニュースがありました。

2300億円という、巨額の税金が投入されるわけですが、これでどれほど介護の人材不足が改善されるのでしょうか?



楽しみではありますが、介護保険料を上げなくても必要ない支出を減らせば何とかなるのではないか?と思ってしまうのは私だけでしょうか?



地域密着型サービスより 小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護について

地域密着型サービスのひとつで、要介護者について、その居宅において、またはサービスの拠点に通わせたり、短期間宿泊させることにより、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話および気負う訓練を行うことにより、利用者がそのできる限り居宅において自立した日常生活を営むことができるようにするサービスです。

簡単にいえば、「通所サービス」を中心とし、「訪問サービス
短期宿泊サービス」を一体的に提供するサービスです。

定員は25名以下と、名前の通り小規模です。

続きを読む

地域密着型サービス 認知症対応型通所介護

前回の記事で地域密着型サービスについて少し書きました。

今日は、地域密着型サービスの1つである、認知症対応型通所介護について書いていきたいと思います。

認知症対応型通所介護の目的は

認知症である利用者が、可能な限りその居宅において、その有する能力に応じた日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活上の世話・機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消や心身の機能の維持、利用者の家族の身体的および精神的負担の軽減を図るものです。



続きを読む

地域密着型サービス・地域密着型介護予防サービス

介護保険の中のサービスの中に地域密着型サービスというものがあるということを、以前の記事の中で書いたと思います。

今日は、その地域密着型サービスとはどんなサービスのことなのかを
記事にしてみたいと思います。

地域密着型サービスの特徴の一つとして、このサービスは市町村が
指定・監督を行う。 ということがあります。

その名前の通り、地域密着型なので、都道府県よりも小さな単位で
市町村で指定・監督を行うというわけです。

では、いったいどんなサービスがるのでしょうか?
少しづつ見ていきたいと思います。





まず初めに・・・

介護保険の在宅サービス

介護保険には、在宅サービスと言われるものがあります。

在宅」と、書いてあるくらいなので自分の家に住みながら受けるサービスなんだろう・・・

そう思うのではないでしょうか?



では、短期入所生活介護ショートステイ)は在宅サービスなのでしょうか?

短期入所生活介護とは、以前の記事の中でも書いていると思いますが、要介護者や、要支援者福祉施設で数日〜数週間の間、入所してそこで、介護生活上の世話を受けることができるサービスです。

施設・・・?入所・・・? と考えると在宅なのか、施設サービスなのかいまいちわかりませんよね?

続きを読む

特定施設入居者生活介護サービス とは?

福祉に携わっていると 特定施設 と言う言葉をときどき耳にすることがあります。

介護保険サービスの中での特定施設とは一体何なのでしょうか?

そこで今日は、特定施設入居者生活介護というサービスについて書いていきたいと思います。

まず、特定施設入居者生活介護サービスを利用できるのは・・

有料老人ホーム養護老人ホーム軽費老人ホーム(特にケアハウス)
適合高齢者専用賃貸住宅に入所している人で、要介護認定において
要介護1要介護5までに認定された第1号被保険者第2号被保険者です。



特定施設入居者生活介護の内容は・・・

介護保険料滞納者に対する措置 について

介護保険法では介護保険料に対する措置があります。

市町村は、第1号被保険者である要介護被保険者等(通常は保険給付を受けている)が介護保険料を滞納している場合には
@保険給付の支払方法の変更(代理受領方式による現物給付かが認められず償還払いになる)

A保険給付の支払いの一時差し止め
B滞納保険料と保険給付との相殺の措置を、段階的に行うことができます。(一定の要件の場合には必ず行います。)

 また、第1号被保険者要介護認定等を受ける前に保険料を滞納し、時効により消滅いている保険料徴収債権がある場合には、市町村は、その者が後に要介護認定等を受けて保険給付を受けるようになった際に、保険給付の減額(消滅した保険料徴収債権の期間に応じて、給付率を9割から7割に下げ、かつ、高額介護サービス費・高額介護予防サービス費は支給しない)を行います。



さらに・・・

介護保険サービスの利用者負担  低所得者対策

昨日の続きを書いてみたいと思います。

高額介護サービス費にかかる負担上限額が設定されていると言う話をしましたが、それは一体どんなものなのか?

一般的に介護保険法ではサービスを受けることで発生する費用の1割が利用者負担で、残りの9割が介護保険より給付されることになっています。

が、低所得者にとってはいくら1割負担とはいえ、その出費は大きな負担となります。
生活費もままならない状況なのに払えない。 
だから、介護保険は使わずに我慢・・・

そんなことはありえません。

そこで、低所得者にたいする負担軽減措置があります。続きを読む

利用者負担について・・・

ショートステイなどでの施設入所の際に、2005年の改正により

施設介護サービス費居宅絵画サービス費等の給付範囲が見直され、以下の費用は、介護保険保険給付の適用外になり、全額利用者の自己負担となりました。

現在は、利用者は、法改正後は食費・居住費の全額とそれを除いた介護サービス費の1割を負担します。

いままでは、在宅と施設の利用者負担の公平性、介護保険の給付と年金給付との機能の調整を図る観点から見直されたと言うことですが、、、

たしかに、施設を利用している人は食費や、居住費まで1割負担でいいのに、在宅で生活している人は、同じものを食べても10割自己負担となるので、不公平といわれれば、分からなくもないですが。

ただ、法改正によって自己負担額が以前より増えることになることで、低所得者にとっては余計に苦しくなります。

そんな人に対しては、所得区分によって、負担上限額が設定されているので、一般の利用者よりは安い料金で同じサービスを受けることができます。

その詳しい内容については、また後日・・・



住宅改修をするには?

先日、住宅改修について書きましたが、今日は住宅改修するにはどのよ

うな手順を踏めばいいのかを勉強してみましょう。

介護保険のサービスの中で住宅改修があると言うことは以前に書きましたが、一生に一度、20万円までの工事に対して、1割負担で済む
(例外がありますが)わけです。

しかし、20万円までの工事なら何でもいいわけでもなく、自分で勝手に工事をしてその費用を請求するなどと言うことも当然できません。

それでは一体、どのようにしたら介護保険による住宅改修として認められ、保険料が支給されるのでしょうか?



ここから、大事・・・

介護保険が適用されない事ってあるの??

世間はゴールデンウィーク真っ最中ですが、私たちのようにいつも通りに仕事をしている方々、ご苦労様です。

さて、今日は介護保険について勉強がてら、書いてみます。

今日仕事中に、あるパートのおばさんがふと、こんな話しをしていました。

「私のうちの近くに知的障害の人がいるけど、あの人たちは介護保険をうけるのかしら?」

と、ゆう内容の話をしていました。

介護保険法には、適用除外者なるものがあります。

要するに、介護保険によるサービスを受けられない方がいると言うことです。

えっ!? どうして??

と思われるでしょうが、それはこの続きをお読みください。続きを読む

介護保険サービスによる住宅改修

介護保険サービスのなかに住宅改修というサービスがあります。

住宅改修とは、要介護者の自宅を改修するわけですが、具体的には
手すりをつけたり、段差をなくしたり、トイレを洋式にしたりと幅広い改修が選択できます。

その要介護者の生活動線上で優先度の高い場所を改修していくわけですが、改修したい箇所をすべて改修できるというわけではありません。

限度額が設定されていて原則的に20万円までの工事が1割負担で行えます。
20万円の工事に対して、利用者が支払う費用は1割に当たる2万円とゆうことになります。

何回かに分けても、一回で終了しても20万円までの工事なら18万円の支給を受けることができるようです。

1人の要介護者が一生のうちに受けられるのが、20万円までですが、その人が引っ越した場合と要介護度が3段階以上上がった場合に限り
再度、20万円までの住宅改修ができるとのことです


詳しくは近くの役所の高齢福祉課や、担当ケアマネ(介護支援専門員)にお尋ねください。

後期高齢者医療保険制度スタートでトラブル続出!

今年の4月からスタートした後期高齢者医療保険制度で、早くもトラブル続出の様子です。

まず、第一に「後期高齢者医療保険制度って??」と、制度の内容や仕組みが周知されていないとゆう問題。

被保険者は75歳以上の人や、65歳以上で一定の障害がある人。
おもに、75歳以上の老人向けであるということから、長寿医療保険制度とも呼ばれている。

ただ、当の被保険者である老人達はこの制度を理解していない人がおおいという。

各都道府県のコールセンターや事務局などに電話が殺到している状況で、説明する職員も説明に手を焼いているそうだ。

さらに、今までの古い保険証が、カード型の保険証に変わることでもトラブルが多い。

保険証と分からず捨ててしまったり、企業からのダイレクトメールと勘違いして放置しておいたり、カードの字が小さくて読めない。などなど
問題山積みである。

されに、保険料の算定方法が複雑で、条件により保険料が今までよりも増える人もいれば減る人もいるらしいけれど・・・

この先まだまだ落ち着かない感じになりそうですね・・

ターミナルケア(終末期介護)の際の加算 「重度化対応加算」「看取り介護加算」って?

ターミナルケア:終末期介護について豆知識をひとつ

「重度化対応加算」
「看取り介護加算」ってなんでしょうか?

「重度化対応加算」 10単位-----------------------------

@看護師と24時間の連絡体制があること。

A常勤で正看護師が1名以上配置されて、責任者が決められていること。

B看護師が24時間体制をとれない場合、医療機関や訪問看護ス テーションなどとの連携で管理体制ができていること。

C見取りの指針が作成されていること。

D見取りの指針を入居する際に、入居者本人、家族への説明を行 い、同意を得ていること。

E見取りのための個室を確保していること。

以上が「重度化対応加算」です。

「看取り介護加算」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「重度化対応加算」の@〜Eを満たしていることが要件として挙げられています。
 
 加算は、施設・居宅で死亡した場合は160単位、病院やその他(施設・居宅以外)で死亡した場合は80単位です。

このような加算もあるというお話でした。

詳しい話はまたそのうち書きたいと思います。

「高額医療・高額介護合算制度」が来年4月から始まります。

今日の新聞にも記事が載っていましたが、
高額医療・高額介護合算制度」というのもが2008年4月から開始されます。

簡単に言うと今までよりも自己負担額が少なくてすむ場合があるということです。

医療、介護保険をセットにして自己負担額に上限を設ける「高額医療・高額介護合算制度」がスタートするが、厚生労働省は19日、新制度の収入、年齢別の年間上限額を定めた。70〜74歳で一般的な所得(夫婦世帯で年収520万円未満)の人は、現在の年額約103万円が62万円に下がる。

 現行制度では、医療、介護とも個別に上限額が設定されており、合算はできない。75歳以上(一般所得)の人の上限額は、医療約53万円、介護約45万円で、年間自己負担額は最高約98万円に達する。しかし、厚労省は昨年、75歳以上(同)の場合、医療、介護を合わせて56万円を超せば、超過分を払い戻す制度を作ることにした。

 19日はこの基準を年齢、収入別に11区分した。69歳以下で一般所得なら、上限額は今の約109万円から67万円に下がる。

収入別(75歳以上)では、▽現役並み所得者(夫婦世帯で年収520万円以上)=67万円▽住民税非課税世帯=31万円▽年金収入80万円以下などの低所得者世帯=19万円―― など。同様に70〜74歳は19〜67万円、69歳以下は34〜126万円とした。
 
厚労省は昨年の医療制度改革で、06年10月に70歳以上の現役並み所得者の医療費窓口負担割合を2割から3割へアップしたほか、08年4月以降は70〜74歳(現行1割)を2割とするなど、お年寄りの負担が増える医療政策を相次いで打ち出している。合算制度は、医療制度改革の「高齢者いじめ」のイメージを払しょくする狙いもある。

と、こんな感じで医療費と介護費を合算して高額になる場合は補助が受けられるという感じでしょうか。

これから、ついこないだ介護保険制度のが改正されたのに、また、変化が起こっています。

この流れについていくのは大変ですね。

40歳以上65歳未満の人が要介護認定を受ける

先にも述べたように、40歳以上65歳未満でも介護保険による要介護(支援)認定を受けることは出来る。

しかし、そこにはひとつの条件があるようです。
40歳から65歳未満といえば、まだまだ元気な人が多く、そんな人たちが、
例えば交通事故や、自分の過失によって要介護状態と同じ状態になったとしたら、税収は減るし、介護サービスを利用する9割も負担しなければいけなくなるので、、、40歳以上65歳未満の「第2号被保険者」には

要介護(支援)状態の原因は特定疾病でないと認定されない。

という、要件があるのです。
ということで、「特定疾病」をあげてみましょう。

初老期における認知症 (ピック病、アルツハイマー病、脳血管性認知症、クロイツツェルト・ヤコブ病など)

脳血管疾患 (脳の血管に障害が起こる疾患の総称で、脳血管障害ともいう。脳出血、脳梗塞など、)

筋萎縮性側索硬化症 (運動をつかさどる神経細胞が変性・消失していくために、手足の脱力感から始まり、呼吸や、嚥下に必要な筋を含む前進の筋肉が萎縮していく疾病)

パーキンソン病関連疾病

脊髄小脳変性症

多系統萎縮症

糖尿病の合併症(糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症)

閉塞性動脈硬化症

慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)

両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
 
関節リュウマチ

後縦靱帯骨化症

骨折を伴う骨粗しょう症

脊柱管狭窄症

早老症

がんの末期

以上の為に要介護状態、用支援状態になった場合、40歳以上65歳未満の第2号被保険者が要介護認定、要支援認定を受けることが出来る。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。