介護・福祉系の資格 福祉住環境コーディネーター 

今日は夜勤明けでした。

昨夜、私の勤める老人ホームショートステイを利用されている、軽度の認知症のおばあさんが居室にて転倒されました。

つかまるところがあれば、特に問題なく自分でトイレにいける人ですが、たまたま、立ち上がる際に手をついたところが歩行器だったようで、その歩行器が動いた拍子に転倒されたそうです。

幸いにも怪我などなく、軽い打ち身ですみました。

このような何かにつかまれば歩けるという要介護者の方はたくさんいます。

そのような人たちの自宅の改修をする際、ケアマネージャーケアプラン住宅改修を取り入れるのですが、住宅の知識が必要になります。
そこで少し前から人気が出てきた「福祉住環境コーディネーター」
という資格があります。

これは、在宅介護をする際に、住宅の改修の知識と、介護の知識が融合したような感じの資格です。

3級と2級と1級があります。

先のような、利用者さんが自宅で自分でトイレに行く。自力で入浴する。車椅子などで、自由に自宅内を移動できる。
といってことが出来るようにするには住宅改修は有効です。

要介護者QOLの向上にもなります。
介護者の介護負担軽減にもなります。是非資格をとって今後の仕事に役立てたいですね。

QOL=Quality Of Life 生活の質

国家資格:介護支援専門員の実務研修の案内が届きました。 ケアマネ資格取得

10月に受けた、ケアマネの筆記試験合格後、実務研修の案内が、なかなか届かなくて心配していましたが昨日届きました。

研修は、2月〜3月にかけて行われるようです。
全部で6日間。
私は現場のワーカーなので、デスクワークのための研修のような気分でかなり不安です。
無事、研修を終えて、ケアマネージャーの資格をサクッと取得できるように頑張りたいです。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。