デイサービスとデイケアの違いとは?

デイサービスデイケア・・・

介護保険法が施行されて数年・・いろいろなところでこの2つの文字を見るようになりました。

ただ、単純に思うのは
デイケア病院があるところにある。。。ということですかね?

で、ちょっと調べてみました。

デイケアとは?

指定通所リハビリテーション事業者によって提供される理学療法作業療法言語療法などのサービス、という意味です。
この事業者は病院診療所介護老人保健施設のどれかになります。
報酬は利用者の要介護度利用時間数によって定められているのと、送迎・食事提供・入浴介助・個別リハを受けた場合は加算がつきます。

メインが利用者のリハビリ機能訓練であり、そのために必要な設備や人材があるサービスと言う感じでしょうか?

デイサービスとは?

デイサービス老人デイサービスセンター特別養護老人ホームなどで行われます。
報酬は単独型・併設型・痴呆専用単独型・痴呆専用併設型の4区分に分けられ、要介護度や利用時間で異なる単位数が定められています。

大きな違いは、通所介護の場合、
外出・社会的な交流、家族負担の軽減が主になってきます。
それに対して通所リハは、身体機能の維持・回復、痴呆の軽減と日常生活の回復、が主となってきます。

ただ、最近のデイサービス理学療法士や、作業療法士を配置してリハビリに重点を置いてサービスをしているところもたくさんあります。

私が勤めていたデイサービスでも理学療法士がいて利用者の方々に毎日リハビリをしていました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。