セルフネグレクト 自らを放置・・・


 


 


 


 


 


セルフネグレクト


つい最近初めて聞いた言葉です。


 


「ネグレクト」という言葉はずいぶん前から耳にしています。


親が子供を面倒見ないでほったらかしにしている。


とか、高齢者を介護しないでほったらかしにしている。


など、育児放棄や、介護放棄などの虐待をネグレクトと言っていたと思います。


 


しかし、そのネグレクトとは違う「セルフネグレクト」という事例が全国で報告されているそうです。


その名の通り、自分を放置するということです。

普通なら自分で生活している中で、出てくるごみや、食品の食べ残しなどはきちんと


捨てて清潔を保って生活します。


しかし、高齢者や、なにかしらの障害を持つひとが自分の生活するきちんと行えない。さらに地域や自治体が援助をしようにもその援助を拒否する。


 


けっか、自らの安全を自らの手で脅かしてしまう。


これがセルフネグレクトというわけです。


 


ある新聞の記事によると全国で1500例ほどが確認されており、これは氷山の一角でしかない。


という記事もあります。今後地域のなかで孤独死につながら危険な言葉となっていくのではないでしょうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193972218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。