介護保険と医療費控除

医療費控除








先日、ある利用者さんの家族からこんな電話がかかってきました。

「ショートステイを使っているけど、その費用は医療費控除に使えるの?」

という質問でした。

そろそろ確定申告の準備をする時期なんですね。



介護保険のサービスを利用しているとなにかと費用がかかります。

1割負担とは云うものの、食事代や部屋代(滞在費等といわれるもの)が結構かかるのです。

そこで、私がよく参考にしていたサイトを紹介します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www1.pref.tokushima.jp/hoken/kaigo/kaigo/seido/i_koujo.htm



徳島県の介護保険のページなのですが、この表をコピーして職場に貼って、医療控除の質問の時に参考にしていました。

で、今回の質問をこの表を参考に考えると・・・ショートステイとは「短期入所生活介護」のことです。

そのサービスを利用している人が医療費控除として申請できる場合は・・・

1 居宅サービス計画に基づいて居宅サービスを利用すること。

2 居宅サービス計画に次に掲げる居宅サービスのいずれかが位置付けられていること。

A 訪問看護

B 訪問リハビリテーション

C 居宅療養管理指導

D 通所リハビリテーション

E 短期入所療養介護  

この条件に当てはまる利用者さんに限り、利用者負担分が医療費控除の対象となる。



つまり、介護保険の1割負担分は医療費控除の対象になるが、食材料費と、滞在費は対象とならないということになります。



ショートステイで、1か月使ったとしても介護度にもよりますが2〜3万円程度かな?

その金額が医療費の対象になるはずです。

施設側からもらえる領収書には控除になる金額が記入されている場合と、されていない場合があるので、詳細は利用したサービス事業所に確認するのがベストだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。