介護保険の訪問リハビリはやりたい放題?


 


先日、訪問リハビリと訪問看護の話をしました。


それぞれに理学療法士によるリハビリを受けることができるということを書いたともいますが、今回もリハビリについてです。


 


現在、医療保険のリハビリでリハビリを受ける際に、制限があったはずです。



  • 脳血管(脳梗塞、脳出血、ALS等)に対するリハビリ

  • 運動器(骨折、切断等)に対するリハビリ

  • 心臓 (心筋梗塞、狭心症等)に対するリハビリ

  • 呼吸 (ぜんそく、肺気腫等)に対するリハビリ



これらのリハビリを全部受けたい!


こんな人がいたとします。当然受けることができると思います。


 


 


 

そんな場合は、人員配置と設備の充実している病院でしかすべてのリハビリを受けることは出来ないはずです。


 


ですから、さまざまな原因で多くの後遺症や、機能障害があって多岐にわたりリハビリを必要とする人にとっては近くの病院などで受けるリハビリでは不十分なことが多いと思います。


 


しかし、介護保険により提供されるリハビリには医療リハビリのような制約はなく、自分が利用する事業所のリハビリスタッフの経験次第でどのリハビリを受けても問題がないのです。


 


ですから、介護保険が提供するリハビリで自分に合った事業所を見つけることができると、幅広く良いリハビリを受けることができるということです。


そういう意味でやりたい放題ってことですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。