訪問看護でリハビリもできる?

訪問リハビリ写真


訪問看護という言葉は多くの方が知っていると思います。


では、訪問リハビリというサービスがあるのはご存知でしょうか?


 


どちらも「訪問」というワードから自宅へ来て何かをしてくれることは想像がつきますよね?


 


訪問看護でイメージするのは、病気の人が自宅で点滴や、注射などの医学的処置を受ける。 こんなイメージだと思います。


 


では、訪問リハビリは?というと、その名の通り「自宅でリハビリ」ですね。


 


この2つのサービスはまるきっり違うように感じますが、ほとんど同じ部分があり、どちらのサービスを使ってもいいんじゃないか?と感じる点があります。

 


それは、訪問看護でもリハビリができるという点。


しかも、どちらもれっきとした理学療法士というリハビリのプロが自宅まできてリハビリをしてくれるのです。


 


では、リハビリを自宅で受けたい人はどちらを選ぶべきなのでしょうか?


 


答えは簡単です。


 


単純にリハビリだけを受けたい人は訪問リハビリ。


持病などで医学的管理や、症状などに不安があり看護師(医療)との連携を取りながらリハビリを受けたい人は訪問看護からのリハビリを利用するとよいでしょう。


 


おおざっぱにいいすぎたようですが、同じようなサービスでそれぞれの違いを簡単にあげるなら、このような感じになります。


 


実際、選択する基準はこれだけではないので、よくケアマネージャーや、家族と相談する必要はありますが・・・


一つの基準にはなると思います。


 


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。