特定疾患医療受給者症


 


 


 


 


 


パーキンソン病、クローン病、天疱瘡、ベーチェット病、後縦靭帯骨化症


 


聞いたことのある病名や、聞いたことのない病名もあると思います。


これらはすべて特定疾患といわれるものです。


 


では、特定疾患とはなんでしょう?


特定疾患とは、いわゆる『難病』といわれるものの中で厚生労働省が実施する難治性疾患克服研究事業の臨床調査研究分野の対象に指定された疾患をさすものです。


 


難病といわれるだけあって、その病気は原因が不明で、治療が困難であり、後遺症を残す可能性が少なくない病気ばかりです。


 


そのような病気にかかってしまうと、治療するのに長い時間とかなりの費用がかかります。


そんな、患者さんを負担を軽くするために公費負担の助成を受けることができます。


 

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。