応募者減少!ケアマネ資格人気に陰り?

今月19日に実施された第11回介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)の申込者数は去年より6217人減り、14万3229人となった。

2002年以降増加傾向にあったが7年ぶりに減少し、1998年の試験開始から11年目を迎え「一通り施設・事業所に行き渡ったのでは」「仕事がきつく人気が落ちている」との行政担当者の声もある。介護職離れが問題になるなか、キャリアアップや待遇改善につながるケアマネ資格の取得を目指す人数にも陰りが出ていることは注目される。

 聞き取り調査は某紙が毎年行っているもので、14日までに全都道府県から回答を得た。それによると今月19日に行われる第11回試験の申込者数は14万3229人。前回の14万9446人から6千人余り減少した。

 伸び率はマイナス4・2%。なんとかプラスを維持していた昨年の1・4%から、ついにマイナスに転じた。

 都道府県別に見ると、昨年より申込者数が増えたのは8・4%増の沖縄、8・3%増の新潟などわずか10県にとどまり、約8割にあたる37都道府県で軒並み減少している。ケアマネージャーTLTソフト、知識ゼロから合格へ!!ニュートンTLTソフト(NewtonTLT)ケアマネージャー2008年度版(医療,福祉関係者)[合格保証付]

介護保険は1割負担

介護保険介護サービスを受けると、その費用の1割負担でよい。

残りの9割は介護保険から支払われるということをみなさんご存知かと思います。

そ1割負担で利用できるサービスの量は、要介護度によって違います。



それぞれの要介護度の限度額を超えるサービスを利用すると、その分は10割自己負担となります。



介護保険、介護のお金がわかる本

介護保険、介護のお金がわかる本
私は、レセプトから利用者への利用料請求までやっているのですが、この全額自己負担があるときの利用料請求で、よく間違えてしまいます。



こんな本読んだほうがいいのでしょうか・・?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。